FC2ブログ

日体大記録会(2019年4月20日・21日)エントリー紹介

今週末の4月20日・21日に開催される日体大記録会に21名の選手がエントリーしています。例年多くの選手が出場する記録会ですが、思ったよりも少ないエントリーとなりました。なかでも2年生がわずか3名なのは残念ですね。それでは、各組のエントリー選手と自己ベストを簡単に紹介します。


-日体大記録会1500m(2019年4月20日)-


-1500m14組-(13:18~START)
3:57.34 岩城 亮介(1年)


-1500m16組-(13:37~START)
3:52.98 六川 恵二郎(4年)


-1500m18組-(13:37~START)
3:48.68 樋口 翔太(1年)
3:48.82 斎藤 紘也(1年)



-日体大記録会10000m(2019年4月20日)-


-10000m2組-(9:45START)
30:42.31 疋田 和直(2年)
31:19.63 大塚 史也(3年)
31:40.12 桃川 翔大(3年)


-10000m3組-(10:25START)
30:16.92 廣田 全規(4年)
30:20.11 大平 健太(4年)
30:22.66 天野 竜汰(2年)
30:26.28 山本 起弘(2年)
30:31.09 成田 悠汰(4年)
30.32.34 濱田 祐知(1年)


-10000m4組-(17:45START)
29:50.39 伊藤 直輝(4年)


-10000m5組-(18:20START)
29:37.48 松木 之衣(4年)
29:38.52 阿部  涼(4年)
29:42.20 金子 智哉(4年)


-10000m6組-(18:55START)
29:18.17 横山 徹(3年)



-日体大記録会5000m(2019年4月21日)-


-5000m7組-(11:05START)
15:25.66 井口 駆(1年)


-5000m10組-(12:05START)
15:06.45 上田 颯介(1年)
15:07.17 岩本 宙(1年)


-5000m13組-(13:05START)
14:49.53 金田 凛太郎(1年)


-5000m15組-(13:45START)
14:37.87 萩原 海(3年)


-5000m16組-(14:05START)
14:39.01 神子島 颯汰(1年)


-5000m17組-(14:25START)
14:22.45 関沼 和曉(3年)
14:35.28 高橋 佐介(3年)


-5000m18組-(14:45START)
14:29.45 松岡 竜矢(1年)


-5000m19組-(15:05START)
14:20.87 武田悠太郎(3年)
14:25.82 小野 修平(1年)


-5000m20組-(15:25START)
14:18.43 若山 岳(1年)


-5000m22組-(16:03START)
14:08.00 八木 志樹(1年)


記録会等の速報Twitterはこちら
[リンクテキスト](https://twitter.com/doo1205)

金栗記念陸上(2019年4月14日)結果

本日開催された金栗記念陸上5000mに4名の選手が出場しました。実業団、大学生のトップクラスが出場する大会で、野田啓太選手(3年)が見事に自己ベストを更新しました。それでは簡単に結果を振り返ります。


-5000m1組-(トップ  14:06.26)

07着 14:16.56 野田 啓太(3年) PB

最初の1000mは2分52秒で通過。野田選手は集団の後方からスタートし、1000mを過ぎると徐々に位置を上げていきます。勢いは止まらず、2000mから3000mのペースが落ちると先頭にたち集団を引っ張ります。4000m手前で先頭を譲ると、ラストのスパート勝負で遅れてしまいましたが、しっかりと粘って自己ベストを更新。おめでとうございます。

レース後半の失速が課題でしたが、先頭を走る積極的なレースのなかでもペースを落とさなかったのは成長の証。今日のレースを見て、昨年の全日本予選の好走を思い出しました。今年も頼みます。



-5000m2組-(トップ  14:09.20)

13着 14:24.43 若山  岳(1年)
16着 14:31.65 樋口 翔太(1年)
17着 14:55.78 八木 志樹(1年)

1000mを2分48秒、2000mを5分40秒で通過。タイムは平均的ですが、集団が塊になるタイミングもあり、ペースの上げ下げがあったように見えました。若山選手は集団前方のインコースに位置取り。4000m手前で集団から遅れてしまいましたが、ラストも粘って14分24秒43のセカンドベスト。タフなレースで走れたのはいい経験になると思います。

樋口選手はスタート直後から積極的に2番手を走りますが、ペースの上げ下げのダメージが影響したのか、3000m手前でアタマのぶれが大きくなり遅れてしまいました。それでも14分31秒で走れるのはさすが。八木選手はまだ復調途中なのか、集団のペースについていこうと無理をしたダメージが後半にきた感じですね。じっくりと調子を上げていってほしいです。


高校から大学と環境が変わったなかで、新入生3名がしっかりと走れたのは大きいですね。この結果に若干の物足りなさを覚えることに、日大のレベルも上がってきたなと感じます。まずはいいスタートをきれました。今年は楽しみですね。


記録会等の速報Twitterはこちら
[リンクテキスト](https://twitter.com/doo1205)

世田谷競技会、東海大・日大対抗戦(2019年4月6日)結果

4月6日に開催された世田谷陸上競技会、東海大学日本大学対抗戦に合計27名の選手が出場しました(完走10名)。天候は晴れ。気温も20度を超えていましたが、湿度が低かったおかげか汗を大量にかいている選手はいませんでした。悪くないコンディションだったと思います。

それでは簡単に結果を振り返ります。



-世田谷競技会(2019年4月6日)-


-5000m4組-(トップ  14:25.03)
07着 14:37.18 松木 之衣(4年)

1000mを2分51秒、3000mを8分44秒で通過。松木選手はスタート後から3番手、4番手くらいの位置をキープ。しかし、3000m過ぎに先頭集団から遅れてしまいます。最後は苦しそうな表情になっていましたが、ラスト1周は前を行く柱欽也選手(警視庁)を追いかける形でペースアップ。入学後のベストをわずかに更新する14分37秒18でフィニッシュしました。

昨年後半のトラックレースでは不本意な走りが続いていましたが、前半から積極的に前につけ、後半粘るという松木選手らしいレースが見られて安心しました。距離が伸びて真価を発揮する選手だけに、主将としてチームを引っ張る今シーズンが楽しみです。



-5000m5組-(トップ  14:06.27)
05着 14:29.23 山本 起弘(2年) PB
12着 14:35.28 高橋 佐介(3年) PB
13着 14:35.48 小野 修平(1年)
18着 14:44.74 天野 竜汰(2年)
24着 15:29.78 岩城 亮介(1年)

DNF 八木 志樹(1年)

1000mを2分49秒で通過すると、序盤は後方にいたムルア選手(山梨学院大)が一気にスピードアップ。追いかけるのは春日選手(ヤクルト)のみで、3000mを8分26秒で通過します。3位集団を引っ張ったのは八木選手でしたが、3000m8分43秒でレースを終了。1月の都道府県駅伝以来のレースであり、体つきにはまだ余裕があるなかでまずまずの走りだったと思います。

その他の選手は序盤に遅れてしまった岩城選手を除き、2000m以降はほぼ3分ペース。4000mを11分43秒前後で通過します。そのなかでチームトップは山本選手。今回は集団で落ち着いた走りができており、終盤にかけてペースアップ。ラスト1000mは推定2分46秒で走り、自己ベストを1秒更新しました。走りにはキレがあり、スパートの持続力も昨年に比べてアップするなど、状態はかなり良いと思います。

高橋選手は終始集団のインコースで目立たぬ走り。本来はハイペースに食らいつくタイプだけに展開が向きませんでしたが、ラストはペースアップして自己ベストを2秒更新。昨年の故障は残念でしたが、しっかりと力をつけており、今年は飛躍の年になると思います。小野選手は高橋選手とは逆に、集団のなかでの動きが目立ち、そこで力を使ってしまったかもしれません。それでもこのタイムなので、やはり実力は高いですね。

天野選手は1000m過ぎには表情が苦しくなっていましたが、最後まで3分ペースで粘れたのがよかった。岩城選手は2000m過ぎに集団から遅れ、そこからは苦しい走りになってしまいました。



-5000m6組-(トップ  14:00.48)
07着 14:20.32 横山  徹(3年) PB
13着 14:27.70 野田 啓太(3年)
15着 14:29.57 武田悠太郎(3年)
21着 14:47.35 阿部  涼(4年)

DNF 樋口 翔太(1年)
DNF 若山 岳(1年)

OBのキトニー選手(カネボウ)がレースを引っ張り、1000mを2分46秒、2000mを5分34秒で通過。このハイペースを2番手、3番手で追走したのが1年生2人。樋口選手はさすがですが、若山選手も全く力みがなく、余裕をもって追走していた印象です。5組の八木選手と同じく3000m8分22秒でレース終了となりましたが、最後まで走っていたら14分一桁も狙えたのではないかと思います。

チームトップは横山選手。集団の真ん中あたりでレースを進め、2000m過ぎに集団から離されてしまいますが、走りは安定していました。4000mを11分26秒で通過し、ラスト1周でスパートするも残り200で勢いが鈍ってしまい、わずかに10秒台には届かず。それでも自己ベストを2秒更新しています。

2番手は野田選手。集団がバラけてからも前を追いかける積極的なレースを見せていましたが、単独走の時間が長かったせいかラスト1000mで失速してしまいました。若干体つきに余裕があり、動きも少し鈍かった印象ですが、やはりトラックでは安定しています。

武田選手は一番早く集団から遅れてしまいましたが、ここから粘れるのが今の強さ。少しずつ順位を上げてフィニッシュ。阿部選手はスタート直後は4番手あたりを走行していましたが、2000m過ぎにペースダウン。そこからは苦しい走りになってしまいました。



<全体まとめ>
14:20.32 横山  徹(3年) PB
14:27.70 野田 啓太(3年)
14:29.23 山本 起弘(2年) PB
14:29.57 武田悠太郎(3年)
14:35.28 高橋 佐介(3年) PB

14:35.48 小野 修平(1年)
14:37.18 松木 之衣(4年)
14:44.74 天野 竜汰(2年)
14:47.35 阿部  涼(4年)
15:29.78 岩城 亮介(1年)

DNF 八木 志樹(1年)
DNF 樋口 翔太(1年)
DNF 若山 岳(1年)


記録会全体としては、完走したなかで絶好調や会心のレースという選手はいなかったと思います。それでも3名の選手が自己ベストを更新し、20秒で4名が走っているのはチーム全体として底力がついた証拠だと思います。

そして、途中棄権となった1年生3名ですが、実績のある八木選手、樋口選手はもちろん、初めて見た若山選手が素晴らしかった。全く力みを感じないのにスピードが出ており、全力での走りが今から楽しみです。



-東海大学日本大学対抗戦(2019年4月6日)-


-5000m-(トップ  14:29.72)
14:40.40 松岡 竜矢(1年)
14:43.01 濱田 祐知(1年)
15:06.79 宍戸 来嘉(1年)
15:16.77 神子島 颯汰(1年)
15:20.96 桃川 翔大(3年)
15:26.34 上田 颯介(1年)

このレースは世田谷への移動の関係で現地観戦できませんでした。1年生5名が大学デビュー戦となり、松岡選手、濱田選手が好走。濱田選手は自己ベストまであと2秒と迫っています。今後が楽しみですね。一方、昨年12月の記録会がよかった桃川選手ですが、3月の学生ハーフを途中棄権して以来のレースで15分を大きくオーバー。ちょっと心配です。



-1500m-(トップ  03:45.64)
03:55.13 斎藤 紘也(1年)
03:55.69 関沼 和曉(3年) PB
03:56.34 金子 智哉(4年)
04:01.15 萩原  海(3年)

04:03.06 大平 健太(4年)
04:09.02 疋田 和直(2年)

対抗戦1500mではインターハイ決勝進出の斎藤選手が大学デビュー戦。飯澤選手、舘澤選手ら東海大勢がレースを引っ張るなか、日大勢で唯一先頭集団につけます。ラスト1周でペースを上げましたが、勢いは続きませんでした。関沼選手は後方から先頭集団を追いかけ途中で脚を使ってしまいましたが、最後まで粘って自己ベスト更新。金子選手は無理をしなかった感じでした。その他の3名は序盤に離されてしまい、挽回できませんでした。



-3000mSC-(トップ  8:49.72)
09:14.05 川上瑠美梨(3年)
09:31.86 大塚 史也(3年)

対抗戦3000mSCには阪口選手が出場。さすがの力を見せ、2着に20秒近い差をつける圧勝でした。日大では川上選手が3名の2位集団でレースを進めますが、最後は離されてしまいました。積極的な走りで内容は悪くなかったと思います。どこかでA標準(9分08秒)を突破してほしいですね。大塚選手は1周目の水濠、メインスタンド前の障害でバランスを崩し、そこから走りが崩れてしまったように感じました。


1500m、3000mSCに出場した選手たちは関東インカレに向けて自己記録更新を目指したレースが続くと思います。機会はそんなに多くないだけに、しっかりチャンスをものにしてほしいと思います。



記録会等の速報Twitterはこちら
[リンクテキスト](https://twitter.com/doo1205)

世田谷競技会(2019年4月6日)エントリー紹介

4月6日に開催される世田谷競技会5000mに15名の選手がエントリーしています。いよいよトラックシーズンの開幕。主力選手の多くがエントリーされており、どんな走りを見せてくれるか楽しみです。なお、エントリーされていない主力選手もいますが、同日には東海大学・日本大学対校戦(小田原市城山競技場)も開催されるため、そちらに出場する可能性も高いと思います。

それでは、各組のエントリー選手と自己ベストを簡単に紹介します。


-世田谷競技会5000m(2019年4月6日)-


-5000m4組-(15:30START)
14:24.79 松木 之衣(4年)


-5000m5組-(15:50START)
14:17.53 竹元 亮太(3年)
14:22.30 天野 竜汰(2年)
14:24.82 金子 智哉(4年)
14:25.42 岩城 亮介(1年)
14:25.82 小野 修平(1年)

14:26.18 鈴木 康平(2年)
14:30.47 山本 起弘(2年)
14:37.62 高橋 佐介(3年)


-5000m6組-(16:30START)
14:08.00 八木 志樹(1年)
14:09.97 樋口 翔太(1年)
14:18.43 若山  岳(1年)
14:18.75 野田 啓太(3年)
14:20.87 武田悠太郎(3年)

14:23.29 阿部  涼(4年)


記録会等の速報Twitterはこちら
[リンクテキスト](https://twitter.com/doo1205)

2018年度記録まとめ(3年生)

2018年度の大会、レースも終了しましたので、箱根駅伝2019完全ガイド(陸上競技マガジン1月号増刊)に掲載されている長距離部員名簿をもとに、2018年度(2018年4月~2019年3月)の主な記録をまとめました。最後に3年生(16名)です。



3年生(2016年入学生)


阿部 涼(福島・学法石川高)
(5000m 14:23.29(大2)/10000m 29:38.52(大2)/ハーフ 63:54(大3))

<5000m>
 06/10 14:48.93 (日体大記録会) 
 09/29 14:34.28 (世田谷競技会)

<10000m>
 05/07 30:19.72 (法政大競技会) 
 06/30 31:11.30 (全日本予選会) 
 12/01 29:54.73 (日体大記録会)

<ハーフマラソン>
 05/27 66:25 (関東インカレ)   PB
 10/07 65:06 (会津鶴ヶ城ハーフ) PB
 03/10 63:54 (日本学生ハーフ)  PB

<主要大会・駅伝>
 関東インカレハーフ15位、全日本大学駅伝08区08位、箱根駅伝09区18位



伊藤 直輝(京都・京都外大西高)
(5000m 14:34.09(大2)/10000m 29:50.39(大2)/ハーフ 65:42(大3))

<5000m>
 04/13 14:57.74 (法政大競技会) 
 05/07 14:42.22 (法政大競技会)  
 05/13 15:10.40 (日体大記録会) 
 06/10 15:09.00 (日体大記録会) 
 09/23 16:15.03 (日体大記録会)

<10000m>
 04/21 31:50.59 (日体大記録会)
 10/20 32:09.57 (日体大記録会)
 12/22 32:13.05 (平国大記録会)

<ハーフマラソン>
 11/18 66:24 (上尾ハーフ)   PB
 02/24 68:33 (鹿嶋祐徳ハーフ)
 03/10 65:42 (日本学生ハーフ) PB



大平 健太(福島・日大東北高)
(5000m 14:35.19(大2)/10000m 30:20.11(大2)/ハーフ 66:47(大3))

<5000m>
 04/13 14:52.38 (法政大競技会) 
 12/22 14:53.81 (平国大記録会)

<10000m>
 04/21 31:11.55 (日体大記録会)
 09/22 33:14.77 (日体大記録会)
 10/20 31:29.70 (日体大記録会)
 12/01 31:34.44 (日体大記録会)

<ハーフマラソン>
 10/07 68:45 (会津鶴ヶ城ハーフ) PB
 11/11 69:40 (世田谷ハーフ) 
 03/10 66:47 (日本学生ハーフ)  PB



金子 智哉(栃木・佐野日大高)
(5000m 14:24.82(大2)/10000m 29:42.20(大2)/ハーフ 65:23(大2))

<5000m>
 06/10 14:50.76 (日体大記録会) 
 09/29 14:51.47 (世田谷競技会)

<10000m>
 06/30 31:45.72 (全日本予選会) 
 10/20 30:23.38 (日体大記録会)
 12/01 30:35.31 (日体大記録会)

<ハーフマラソン>
 11/18 67:00 (上尾ハーフ)
 03/10 67:06 (日本学生ハーフ)

<1500m>
 04/08 04:02.81 (東海大対校戦) 
 04/13 04:00.34 (法政大競技会)  
 05/24 03:53.18 (関東インカレ) 

<主要大会・駅伝>
 関東インカレ1500m予選3組8位、箱根駅伝10区17位



河原 佑哉(東京・東京実業高)
(5000m 14:48.85(大2)/10000m 30:51.88(大2)/ハーフ 68:52(大2))

<5000m>
 04/29 15:15.73 (平国大記録会)
 06/10 15:09.13 (日体大記録会) 
 07/11 15:37.92 (ホクレン深川) 
 07/14 15:21.04 (ホクレン士別) 
 10/21 15:04.95 (日体大記録会)

<10000m>
 04/21 32:08.10 (日体大記録会)

<ハーフマラソン>
 11/11 70:10 (世田谷ハーフ) 



木村 由哉(香川・高松工芸高)
(5000m 15:12.19(大1)/10000m 31:11.83(大2)/ハーフ  70:32(大1))

<5000m>
 06/10 15:27.85 (日体大記録会) 

<10000m>
 09/22 34:41.59 (日体大記録会)
 12/01 31:46.28 (日体大記録会)

<ハーフマラソン>
 11/11 DNF (世田谷ハーフ) 



小坂 太我(神奈川・藤沢翔陵高)
(5000m 14:36.70(大2)/10000m 30:03.70(大1)/ハーフ 65:22(大1))

<5000m>
 04/08 15:06.44 (東海大対校戦)
 06/10 14:47.12 (日体大記録会) 
 09/23 14:43.37 (日体大記録会)

<10000m>
 04/21 30:37.17 (日体大記録会)
 05/07 31:08.73 (法政大競技会)   
 10/20 30:33.23 (日体大記録会)
 12/01 30:50.97 (日体大記録会)

<ハーフマラソン>
 05/27 68:40 (関東インカレ)
 11/18 67:54 (上尾ハーフ)
 01/20 67:00 (赤羽ハーフ)

<主要大会・駅伝>
 関東インカレハーフ31位



成田 悠汰(北海道・札幌山の手高)
(5000m 14:28.51(高2)/10000m 30:31.09(大3)/ハーフ 65:55(大1))

<5000m>  
 05/13 15:15.16 (日体大記録会) 
 06/10 15:02.94 (日体大記録会) 

<10000m>
 04/21 32:35.99 (日体大記録会)
 04/29 32:13.46 (平国大記録会)
 09/22 32:02.00 (日体大記録会)
 10/20 30:31.09 (日体大記録会) PB
 12/01 30:37.04 (日体大記録会)

<ハーフマラソン>
 11/18 66:41 (上尾ハーフ)
 03/10 69:18 (日本学生ハーフ)



廣田 全規(埼玉・川越東高)
(5000m 14:36.78(大1)/10000m 30:16.92(大1)/ハーフ 65:42(大1))

<10000m>
 09/22 30:55.04 (日体大記録会)

<5000m・ハーフマラソン>
 出場なし



藤井 優吾(東京・日大豊山高)
(5000m 14:58.70(大1)/10000m 32:06.41(大3)/ハーフ なし)

<5000m>
 09/23 17:14.64 (日体大記録会)
 12/02 16:23.28 (日体大記録会)
 12/22 16:08.65 (平国大記録会)

<10000m>
 12/15 32:06.41 (国士舘大記録会) PB

<ハーフマラソン> 
 出場なし



松木 之衣(長野・長野日大高)
(5000m 14:24.79(高3)/10000m 29:37.48(大2)/ハーフ 64:43(大2))

<5000m>
 06/10 14:46.56 (日体大記録会) 
 07/14 14:49.28 (ホクレン士別) 
 09/29 15:14.27 (世田谷競技会)

<10000m>
 05/12 30:25.64 (日体大記録会) 
 06/30 31:10.52 (全日本予選会) 
 07/11 31:21.22 (ホクレン深川) 
 10/20 30:30.64 (日体大記録会)
 12/01 30:14.16 (日体大記録会)

<ハーフマラソン> 
 11/18 65:41 (上尾ハーフ)
 03/10 67:58 (日本学生ハーフ)
 03/17 65:24 (新潟ハーフ)

<主要大会・駅伝>
 全日本大学駅伝05区18位、箱根駅伝08区11位



松原 雄太(岡山・岡山商科大付属高)
(5000m 14:57.25(大2)/10000m 31:25.57(大2)/ハーフ 68:20(大2))

<5000m>
 10/21 15:57.18 (日体大記録会)

<10000m・ハーフマラソン>
 出場なし



丸山 和輝(長野・佐久長聖高)
(5000m 14:42.34(高2)/10000m 30:52.44(高3)/ハーフ 74:29(大3))

<5000m>
 06/10 15:50.47 (日体大記録会) 
 09/23 15:18.90 (日体大記録会)

<10000m>
 12/01 31:01.09 (日体大記録会)
 
<ハーフマラソン>
 11/11 74:29 (世田谷ハーフ) NEW



山田 拓斗(岩手・盛岡中央高)
(5000m 14:40.90(大1)/10000m 30:28.95(大1)/ハーフ 65:31(大1))

<5000m>
 12/22 14:57.64 (平国大記録会)

<10000m>
 04/21 32:19.49 (日体大記録会)
 10/20 32:42.43 (日体大記録会)
 12/01 31:37.35 (日体大記録会)
 12/15 31:48.43 (国士大記録会)

<ハーフマラソン>
 11/11 72:12 (世田谷ハーフ) 



吉田 大海(石川・遊学館高)
(5000m 14:52.46(高3)/10000m 30:52.79(大1)/ハーフ 68:47(大1))

<5000m>
 09/23 16:41.50 (日体大記録会)
 10/21 15:43.39 (日体大記録会)

<10000m・ハーフマラソン>
 出場なし



六川 恵二郎(香川・尽誠学園高)
(5000m 14:47.26(大1)/10000m 30:12.56(大3)/ハーフ 69:59(大3))

<5000m>
 出場なし
 
<10000m>
 12/01 30:12.56 (日体大記録会) PB

<ハーフマラソン>
 11/11 69:59 (世田谷ハーフ) PB

<1500m>
 03/31 04:06.48 (国士大記録会)
 04/08 04:16.85 (東海大対校戦) 
 04/13 03:59.11 (法政大競技会) PB
 05/07 03:52.98 (法政大競技会) PB
 05/24 03:59.89 (関東インカレ) 
 06/15 04:07.37 (個人選手権)  
 07/14 04:15.81 (六大学対校戦) 

<主要大会・駅伝>
 関東インカレ1500m予選2組10位



記録会等の速報Twitterはこちら
[リンクテキスト](https://twitter.com/doo1205)
プロフィール

どぅー

Author:どぅー
日本大学OBの駅伝・陸上ファンのどぅーと申します。某掲示板ではTwitterさんと呼ばれています。

Twitterとブログで日本大学駅伝部の活動を紹介しています。スポーツナビ+(ブログ)の終了に伴い、移転してきました。陸上経験はない素人ですが、よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
閲覧者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR