FC2ブログ

2017年関東インカレ5000m、男女3000mSC、男女競歩結果

関東インカレ2日目から最終日の日大選手が出場した中長距離の競技結果を紹介します。



関東インカレハーフマラソン(2017年5月28日)


01位 1:03:22 ドミニク ニャイロ (山梨学院大学3年)
02位 1:04:33 山本 修二 (東洋大学3年)
03位 1:04:34 城越 勇星 (日本体育大学4年)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
29位 1:09:11 武田悠太郎 (日本大学1年)
33位 1:10:16 川口 賢人 (日本大学4年)
失格       小坂 太我 (日本大学2年)


ハーフマラソンは現地で観戦していました。日産スタジアム横の周回コースを9周し、スタジアム内に戻るコースです。日大の3選手は集団の後方に位置していましたが、2周目で早くも集団から離されてしまいます。その後は差が開くばかりで、挽回することはできませんでした。


チーム最先着は1年生の武田選手。1年のこの時期にハーフに挑戦は驚きました。暑さなどもあり、きついレースだったと思います。また、疲労による集中力の低下かコースを間違えるというロスもありました。ゴール後はしばらく倒れこむ場面もあり、体へのダメージも大きかったと思います。しっかりとケアしてほしいですね。


2番手は川口選手。昨年のハーフでは着順こそ悪かったですが、6周目まで入賞圏内を走行するなどよい内容でした。しかし、今年は早くに集団から遅れ、1年の武田選手にも離されると一気にペースダウン。箱根駅伝5区山登りの激走以降、3月の立川ハーフなど失速するレースが目立ちます。怪我などを抱えて無理をしていないか非常に心配です。


また、タイムオーバーで失格となった小坂選手。2月・3月に3本ハーフマラソンを走った影響か、4月以降明らかに調子を落としています。よい状態で走らせてあげたかったですね。ただ、ハーフのベストを2度更新するなど気迫の走りを見せてくれた小坂選手は、箱根以降の1月-3月のMVPだと思っています。このレースで評価を下げるのではなく、状態を戻してくれることを期待しましょう。


昨年以降、日大では調子をよい選手を続けて記録会やレースに出場させる傾向があります。レース経験を積ませるという目的があるのだと思いますが、昨年末の山田選手、そして小坂選手と連戦後に調子を落とすということが続いています。素人考えで的外れな指摘かもしれませんが、怪我や調子を崩すリスクを避けられるよう、選手の状態を見極めて監督・コーチにはレース選択をして欲しいと思います。



関東インカレ5000m(2017年5月28日)


01位 13:43.97 パトリック マゼンゲ ワンブィ (日本大学3年)
02位 13:46.49 鬼塚 翔太 (東海大学 2年)
03位 13:47.26 坂東 悠汰 (法政大学3年)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
32位 15:29.55 野田 啓太 (日本大学1年)
33位 15:47.52 石井 健登 (日本大学4年)


ワンブィ選手が10000mに続いて2連覇達成。映像で見ましたが、ラスト勝負に絶対的な自信があるのか、終始余裕のあるレースだったと思います。トラックでは無敵だと思いますが、駅伝で結果を残せていないだけに、今後はロードレースやハーフにも出場してほしいと思います。


一方、野田選手と石井選手はワースト1、2位。特に石井選手は1000m付近で1人集団から遅れてしまうなど、先日の平成国際大記録会とは別人の走りでした。残念です。野田選手にはこの経験を活かしてほしいと思います。



関東インカレ3000mSC予選(2017年5月26日)


-02組-

01位 8:58.16 小林 和弥 (東海大学4年)
02位 8:58.20 野田 一輝 (順天堂大学2年)
03位 8:58.34 小室  翼 (東海大学2年)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
15位 9:40.94 川上瑠美梨 (日本大学1年)


8分台の自己ベストをもつ川上選手ですが、入学後の2レースはともに9分20秒を超えるなど本調子ではありません。初の関東インカレは最下位と悔しい結果となりましたが、野田選手と同じくこの経験を活かしてほしいと思います。



関東インカレ10000mW(2017年5月27日)


01位 40:57.36 及川 文隆 (東洋大学4年)
02位 40:59.16 池田 向希 (東洋大学1年)
03位 41:11.62 川野 将虎 (東洋大学1年)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
08位 42:10.69 榊原 颯音 (日本大学1年)
17位 44:02.67 飯田 恭平 (日本大学4年)
21位 45:27.46 青柳  至 (日本大学4年)


昨年のインターハイにも出場した榊原選手が見事に8位入賞。おめでとうございます。4年生2人を抑えてチーム最先着でした。上位の東洋大学3人とは差がありますが、まだまだ伸び代の大きそうな選手だけに、今後の活躍が楽しみです。



関東インカレ女子3000mSC予選(2017年5月26日)


-02組

01位 10:44.22 清水萌衣乃 (東京農業大学3年)
02位 10:44.39 佐藤 由依 (順天堂大学4年)
03位 10:44.78 秋山 祐妃 (大東文化大学1年)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
11位 11:28.04 木村 仁美 (日本大学2年)


昨年、関東大学女子駅伝、日光いろは坂駅伝に出場した木村選手が出場しました。ホームページが更新されず、記録会にも出場が無いため、女子駅伝チームが存続しているかは確認できません。そのなかで木村選手のインカレ出場はうれしいニュースでした。



関東インカレ女子10000mW(2017年5月26日)


01位 46:21.11 吉住 友希 (千葉保健医療大学4年)
02位 46:44.10 溝口友己歩 (早稲田大学2年)
03位 47:03.35 熊谷 菜美 (国士舘大学3年)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
04位 47:44.66 西村 早織 (日本大学2年)


昨年2位表彰台だった西村選手でしたが、今年は4位と惜しくも表彰台に届きませんでした。4位も立派な成績ですが、上位3名は昨年の1、2、4位の選手だけに悔しさも大きいと思います。まだ2年生ですし、今後の成長と活躍を楽しみにしたいと思います。そして、今年も駅伝に出場することがあればうれしいです。



記録会等の速報Twitterはこちら
[リンクテキスト](https://twitter.com/doo1205)

コメントの投稿

Secret

プロフィール

どぅー

Author:どぅー
日本大学OBの駅伝・陸上ファンのどぅーと申します。某掲示板ではTwitterさんと呼ばれています。

Twitterとブログで日本大学駅伝部の活動を紹介しています。スポーツナビ+(ブログ)の終了に伴い、移転してきました。陸上経験はない素人ですが、よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
閲覧者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR