FC2ブログ

全日本大学駅伝予選会エントリー選手紹介(2017年6月18日)

2017年6月18日に全日本大学駅伝の出場権をかけた予選会が、浦和駒場スタジアムで開催されます。選考方法は、以下のとおりです。
 
1)1チーム10名のエントリーを行い、8名の出場とする。
2)1校2名ずつ、10000m4組でレースを行い、合計タイム上位9校が出場権を得る。
 
過去2年は2位通過を決めていますが、3年前には予選落ちも経験しています。エントリーメンバーを見る限り、現状でベストの布陣は組めたと思います。しかし、直近の記録会や大会結果を見ると他大学のレベルアップが顕著で、日本大学はエントリー20校中16番目のタイム。予選通過に向けては厳しい戦いが予想されます。


エントリーメンバー10名を今期ここまでの成績とともに紹介したいと思います。
 


1組エントリー


阿部 涼(2年)(福島・学法石川高)
(5000m 14:37.50(大1)/10000m 30:19.34(大2)/ハーフ 66:52(大1))


<5000m>
 04/08 14:47.47 (世田谷競技会)
 04/16 14:44.50 (日大競技会)


<10000m>
 04/23 30:19.34 (日体大記録会) PB
 05/20 30:21.49 (平成国際大記録会)


<ハーフマラソン>
 03/05 66:52 (立川ハーフ) NEW


3月の復帰以降、安定した成績を残しています。4月の日体大で30分19秒34と自己ベストを更新。続く平国大記録会でも、厳しいコンディションのなか、30分21秒49と好調を維持。条件、展開次第では29分台を十分狙える実力があり、予選会メンバー入りは文句なしです。


前半から積極的にレースを進め、キツくなってからも粘れるのが阿部選手の持ち味。持ちタイムは1組エントリー中34番目ですが、1組はそんなにハイペースにはならないと思いますので、心配いらないでしょう。初の大舞台だった昨年の予選会(1組28位(31分30秒38))を上回る成績を期待したいと思います。



武田 悠太郎(1年)(東京・東京実業高)
(5000m 14:20.87(高3)/10000m 30:08.58(大1)/ハーフ  69:11(大1))


<5000m>
 04/16 14:48.82 (日大競技会)


<10000m>
 04/23 30:17.91 (日体大記録会) PB
 05/07 30:08.58 (日大競技会)  PB


<ハーフマラソン>
 05/28 69:11 (関東インカレ) NEW


期待のルーキーが先陣を切ります。4月の日体大では5000m15分26秒のスローペースを飛び出し、後半を14分台でまとめて30分17秒91で独走V。その後の日大競技会で、30分08秒58まで記録を伸ばしました。初のハーフマラソンだった関東インカレでは失速しましたが、これは仕方ない。しっかりとケアして欲しいです。


持ちタイムは1組エントリー中28番目も、実力は持ちタイム以上。スローペースになりやすい1組では、後半のペースアップにも対応できるのも強み。阿部選手とともに、ボーダーラインよりも上の順位を期待したいと思います。



2組エントリー


加藤 拓海(3年)(千葉・成田高)
(5000m 14:19.25(高3)/10000m 29:03.68(大1)/ハーフ 72:56(大2))


<5000m>
 05/20 15:00.80 (平成国際大記録会)
 06/04 14:34.23 (日体大記録会)


<10000m>
 出場なし


<ハーフマラソン>
 出場なし


怪我で戦列を離れていた加藤選手が5月の平国大記録会で復帰。なんとか全日本予選に間に合いました。復帰2戦目の先週の日体大記録会では余力を残した走りで14分34秒23。10000mでのスタミナが不安ですが、順調に状態を上げていると思います。


これまでの予選会は、1年次に2組17位(30分26秒87)、2年次に2組4位(31分02秒86)と安定して上位の成績を残しています。29分03秒68の持ちタイムは、2組エントリーのなかで2番目。後半の組に不安を抱えるだけに、2組終了時点でできるかぎりリードを拡げておきたい。



宮崎 佑喜(1年)(栃木・佐野日大高)
(5000m 14:34.12(大1)/10000m 30:31.01(大1)/ハーフ  なし)


<5000m>
 04/16 14:34.12 (日大競技会)  PB
 05/20 15:11.52 (平成国際大記録会)
 06/04 15:08.51 (日体大記録会)


<10000m>
 04/23 30:31.01 (日体大記録会) NEW


<ハーフマラソン>
 出場なし


ルーキーの宮崎選手が2組に抜擢されました。デビュー戦の日大競技会でいきなりの自己ベスト更新。その勢いのまま、4月の日体大では同期の武田選手に次ぐ2位と10000mでも健闘しています。同レースでは金子選手に30秒弱先着しており、抜擢も頷けます。しかし、ここ2戦の5000mでは後半失速するなど、調子を落としているように見えるのが心配材料です。


高校時には全国高校駅伝にも出場しており、大舞台の経験は豊富。持ちタイムは2組エントリー中36位ですが、なんとか粘りの走りを見せて欲しいと思います。また、状態次第では、経験のある金子選手に変更となるもしれません。



3組エントリー


川口 賢人(4年)(長野・佐久長聖高)
(5000m 14:29.35(大3)/10000m 29:54.82(大2)/ハーフ 65.31(大2))


<5000m>
 04/08 14:36.89 (世田谷競技会)
 04/16 14:51.97 (日大競技会)


<10000m>
 04/23 30:01.62 (日体大記録会)


<ハーフマラソン>
 02/05 66:46 (丸亀ハーフ)
 03/05 74:38 (立川ハーフ)
 05/28 70:16 (関東インカレ)


川口選手が心配です。昨年の駅伝では全日本4区8位、箱根5区6位と素晴らしい走りを見せてくれました。しかし、箱根以降はハーフマラソンでの失速が目立ち、印象はよくありません。トラックではまずまずの走りも、5000mで自己ベストを出した昨年ほどの勢いはありません。


昨年の予選会通過は、3組8位(30分23秒68)。2位通過に大きく貢献しました。持ちタイムは3組エントリーのなかでは33番目ですが、持ちタイム以上の実力があり、本調子であれば上位も狙えると思います。関東インカレから3週間で、どこまで状態を上げてこれるか。頑張って欲しいと思います。



高野 千尋(4年)(山口・西京高)
(5000m 14:24.47(大2)/10000m 29:31.96(大3)/ハーフ 63.46(大2))


<5000m>
 04/08 14:40.76 (世田谷競技会)
 04/16 14:40.98 (日大競技会)
 05/07 14:29.19 (国士大記録会)


<10000m>
 04/23 29:31.96 (日体大記録会)PB
 05/25 30:42.83 (関東インカレ) 30位


<ハーフマラソン>
 02/05 棄権 (丸亀ハーフ)


これまで怪我の多かった高野選手でしたが、今期は順調。4月の日体大記録会で29分31秒96と大学1年時の自己ベストを更新すると、5000mでも久々に14分20秒台をマークしました。しかし、初出場の関東インカレは30分42秒83で30位と下位に沈みました。予選会にどこまで調子を合わせられるでしょうか。


全日本予選は初出場ですが、箱根予選会や全日本・箱根の本戦にも出場しており、大舞台での経験は豊富。3組エントリーのなかでは22番目のタイムだけに、なんとか20位前後で踏ん張って欲しいと思います。



4組エントリー


岡野 佑輝(4年)(岡山・興譲館高)
(5000m 14:08.54(大3)/10000m 29:20.66(大3)/ハーフ 66:09(大2))


<5000m>
 04/08 14:32.31 (世田谷競技会)
 04/16 15:03.48 (日大競技会)


<10000m>
 05/07 30:52.36 (日大競技会)
 05/25 30:14.89 (関東インカレ) 25位


<ハーフマラソン>
 03/05 66:09 (立川ハーフ) PB


5000m、10000mともに持ちタイムはチーム3位。昨年の関東インカレでは他校のエース相手に15位(29分52秒49)と、トラックでの実力はチーム上位です。今期は3月にレースに復帰すると、安定した成績を残しています。直前の関東インカレが25位(30分14秒89)と、自己ベストを連発した昨年ほどの勢いはないのは気がかりな点です。


全日本予選の最終組は、荻野選手、石川選手といった日本人エースが担ってきました。27分台、28分台ランナーが18名おり、岡野選手は28番目の持ちタイム。昨年の予選会は、3組27位(30分53秒60)だったことを踏まえると、相手関係はかなり厳しい。積極的な走りが持ち味ですが、ハイペースを追走するのではなく、ぐっと堪えて自分のペースを守り、ベストに近い走りを期待したいと思います。



パトリック・マゼンゲ・ワンブィ(3年)(ケニア・エリート高)
(5000m 13:27.63(大2)/10000m 27:54.98(大1)/ハーフ なし)


<5000m>
 04/16 14:11.97 (日大競技会)
 05/28 13:43.97 (関東インカレ)優勝


<10000m>
 04/23 28:04.85 (日体大記録会)
 05/07 30:08.46 (日大競技会)
 05/25 28:21.65 (関東インカレ)優勝


<ハーフマラソン>
 出場なし


昨年の関東インカレ、日本インカレともに5000m、10000mで二冠を獲得するなど、トラックでは負け知らず。ラストの切り替えは圧倒的な強さを誇ります。今期も4月の日体大記録会で28分04秒85で最終組の1位になると、関東インカレでも2連覇。好調ぶりをアピールしています。


留学生5名が出場し、他校のエースも出場しますが、組1位はほぼ間違いないでしょう。しかし、チーム8名の計タイムで争う予選会では、後続にどれだけ差をつけるかが重要。今回の予選会は通過できるかボーダーラインギリギリだと予想しています。3組までの結果次第ですが、もしボーダー以下ならば、かつて在籍したキトニー選手のように独走でタイムを稼ぐ走りを期待したいと思います。



補欠エントリー


金子 智哉(2年)(栃木・佐野日大高)
(5000m 14:30.85(高3)/10000m 30:29.78(大1)/ハーフ  65:48(大1))


<5000m>
 04/08 14:49.53 (世田谷競技会)
 04/16 15:58.82 (日大競技会)
 05/07 15:19.58 (国士大記録会)


<10000m>
 04/23 30:55.43 (日体大記録会)
 06/03 30:43.72 (日体大記録会)


<ハーフマラソン>
 02/12 65:48 (印西ハーフ) PB
 03/05 66:40 (立川ハーフ)
 03/20 67:24 (新潟ハーフ)


年明け以降、地方の駅伝やハーフマラソンなど、数多くのレースに出場しています。今期は前半から積極的なレースをすることが増えてきました。1500mにも出場するなど、色々とチャレンジしていることが分かります。連戦による疲労が心配なところ。


昨年の全日本予選は2組28位(31分39秒57)。箱根予選会でもチーム10番手で走っており、経験は豊富。大崩れをするタイプではなく、状態次第で佐野日大高の後輩である宮崎選手との交代があるかもしれません。



小坂 太我(2年)(神奈川・藤沢翔陵高)
(5000m 14:39.05(大1)/10000m 30:03.70(大1)/ハーフ  65:22(大1))


<5000m>
 04/08 14:52.94 (世田谷競技会)
 04/16 15:11.64 (日大競技会)


<10000m>
 04/23 30:33.88  (日体大記録会)


<ハーフマラソン>
 02/05 65:23 (神奈川ハーフ) PB
 03/05 65:22 (立川ハーフ)  PB
 03/20 67:38 (新潟ハーフ)
 05/28 失格  (関東インカレ)


何度も同じことを書きますが、ロードシーズンのMVPは小坂選手だと思います。箱根駅伝の悔しさをバネにし、ハーフで2連続ベストを更新すると、相模原クロカンでも好走しています。しかし、4月以降は明らかに調子を崩している印象。関東インカレハーフも早くに集団から脱落すると、周回遅れで失格となってしまいました。


10000mの持ちタイムはエントリーメンバー7番手。本来の調子ならば出場は間違いありませんが、今の調子を考えるとアクシデントがない限り出番はないと思います。なんとか調子を戻して、秋には本来の走りを見せて欲しいです。


昨年は30度を超えるコンディションのなか、2校が棄権するなど、最後まで何が起きるかわかりません。予選通過には全員が実力を出し切ることが必須条件。箱根駅伝19位からの巻き返しを図るチームにとって、上期の総決算といえるレース。予選通過に向けて、頑張れ日大。



記録会等の速報Twitterはこちら
[リンクテキスト](https://twitter.com/doo1205)

コメントの投稿

Secret

プロフィール

どぅー

Author:どぅー
日本大学OBの駅伝・陸上ファンのどぅーと申します。某掲示板ではTwitterさんと呼ばれています。

Twitterとブログで日本大学駅伝部の活動を紹介しています。スポーツナビ+(ブログ)の終了に伴い、移転してきました。陸上経験はない素人ですが、よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
閲覧者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR