FC2ブログ

新潟ハーフマラソン見どころ紹介(2018年3月18日)

2018年3月18日に開催される第2回新潟ハーフマラソンに、昨年に引き続き4名の選手がエントリーしています。明日の会場の天気予報は、晴れ、5度、風速3m。ゴール前を除けば高低差のないフラットなコースだけに、記録も狙えるコンディションだと思います。しかし、日本学生ハーフ(立川ハーフ)から2週間後というスケジュールだけに、選手たちの疲労が心配。タイムを狙った走りになるのか、ペース走になるのかどちらでしょうか。


それでは、本レースにエントリーした選手と見どころを簡単に紹介させていただきます。



<選手紹介>

30:00.02(66:12) 佐藤 玲偉(3年)
30:11.13(69:17) 池田亜久里(1年)
30:28.95(65:31) 山田 拓斗(2年)
30:34.40(67:39) 遠田光太郎(1年)

※左から、10000m(ハーフ)の自己ベスト、氏名、学年を記載。



<学生ハーフ(3月4日)結果>

114位 66:13 佐藤 玲偉(3年)
245位 67:51 山田 拓斗(2年)
374位 69:17 池田亜久里(1年) PB
389位 69:26 遠田光太郎(1年)



<見どころ>

佐藤選手は、気温が高く、タイムは伸びませんでしたが、地力強化を証明する走りでした。前半速いペースで入っても、後半粘れるのが強み。コンディションが良くなる今大会では、66分を切る自己ベスト更新を期待したいと思います。一方の池田選手は、前半から積極的なレースをする彼には珍しく、16分台半ばのタイムで推移しました。大きく失速しているわけではありませんので、故障明けなどの理由で敢えて抑えているのかもしれません。


山田選手の1年秋に記録した自己ベスト(65分31秒)はチーム5位タイ。学生ハーフでは5kmごとのラップが安定しませんでしたが、だいぶ復調してきました。今年期待している選手の1人です。遠田選手は、前半の5kmを15分26秒で入りましたが、レース後半失速してしまいました。成長のためにはこのような攻めた走りが必要。続けてほしいですね。



記録会等の速報Twitterはこちら
[リンクテキスト](https://twitter.com/doo1205)

コメントの投稿

Secret

プロフィール

どぅー

Author:どぅー
日本大学OBの駅伝・陸上ファンのどぅーと申します。某掲示板ではTwitterさんと呼ばれています。

Twitterとブログで日本大学駅伝部の活動を紹介しています。スポーツナビ+(ブログ)の終了に伴い、移転してきました。陸上経験はない素人ですが、よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
閲覧者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR